好調なトルコの靴業界

トルコ製の靴を最もよく利用したのは欧州人となった。

好調なトルコの靴業界

 

トルコの靴の輸出は、昨年末までに5.4パーセント増加し、7億800万ドル(約812億円)に達した。昨年のトルコの欧州諸国への靴の輸出は、前年比でも34.6パーセント増加した。

世界のブランドに製造を行っているトルコの靴業界は、2023年に25億ドル(約2867億円)分の輸出を目標としている。

昨年の靴の輸出では、11.5パーセントでイラク、6.2パーセントでドイツ、5.2パーセントでサウジアラビアが上位3か国となった。

企業の業界稼働率は75パーセントに上昇した。

為替レートの上昇は、靴業界にとっては好都合となった。

外国為替レートの上昇により、製品をより一層手頃な値段で販売することができる。靴業界が使用する石油系製品の価格が為替に基づいて上昇しても、その他製品や原料がトルコで生産されており、労働力がドル建てでないことが、業界に好影響を及ぼした。

トルコ企業が靴製造を行っている欧州諸国の多数の世界ブランド企業は、顧客がトルコ製の靴に非常に満足していると明言している。

ロシアへの輸出も、両国関係の正常化により、今年大きく増加すると見られている。

 

(2017年1月11日)


キーワード: 輸出 , 靴業界 , 為替レート , トルコ

注目ニュース