2018年2月の失業率低下

2018年2月の失業率は昨年の同じ月(2017年2月)に比べ2パーセント減り、10.6パーセントとなった。

2018年2月の失業率低下

 

 

 

トルコ統計局が2018年2月の失業率に関する統計を発表した。

 

それによると、トルコ全国における2018年2月の15歳以上の失業者の数は、昨年の同じ月(2017年2月)に比べ54万6000人減り、335万4000人だった。

2018年2月の失業率は、昨年の同じ月(2017年2月)に比べ2パーセント減り、10.6パーセントとなった。前の月(2018年1月)に比べ、0.2パーセント減った。

2018年2月の農業従事者以外の失業率は、昨年の同じ月(2017年2月)に比べ2.3パーセント減り、12.5パーセントとなることが推定された。

2018年2月の若年層(15歳から24歳の年齢層)の失業率は、昨年の同じ月(2017年2月)に比べ4.3パーセント減り、19パーセントとなった。

2018年2月の、15歳から64歳の年齢層の失業率も低下し、昨年の同じ月(2017年2月)に比べ2パーセント減の10.9パーセントとなった。

 

 

 

(2018年5月15日火曜日)

 

 

 


キーワード: トルコ統計局 , 失業率

注目ニュース