「エコ・ポリティクス」 第19回

改革案

「エコ・ポリティクス」 第19回

ユルドゥルム・ベヤジット大学政治学部経済学科エルダル・タナス・カラギョル教授著

 

先週の頭にビナリ・ユルドゥルム首相が発表した債務再編と、社会改革を含む法案は、公債の再編成から開発支援、退職手当からバークル(社会支援システムの1つ)まで幅広い内容を含んでいます。この改革案により、長年壊疽状態だった多くの問題が解決され、経済に動きがつくようになります。つまり、経済の動きが活性化すると言えます。

まず、法案に含まれる公債の支払いには、商人、産業者、労働者にとって極めて重要な詳細事項が含まれます。保険金、税金、交通違反金などの債務が支払いの機会を得て、再編成されます。

一方、無償割当により過去数年間に向けた株式にありながら記録されていない製品の、その申告方法による編成が行われます。また、債務のすべてを支払った者に対し、遅延利息において90パーセントの割引がなされ、国民にとって債務の支払いが非常に簡単になります。

別の改革は、若者に向けたものです。トルコでは若い起業家の支援と奨励について、ここ数年で非常に重要な取り組みが行われています。この取り組みの持続は改革案にも含まれています。今回は自分で起業した若者が1年間バークルシステムによる支援を国家から受けて国家が支払いを行うという決議が下されました。

この改革は、起業家と若者の動きに共通の土台において機会を与えるものです。この改革が若い雇用人口の増加と若者の失業の減少にとって具体的な取り組みとなることは疑いの余地がないと言えます。

一方、高齢者と退職者に向けても大変良い知らせがあります。退職者に2つのバイラムの前に1000リラずつボーナスが付与され、65歳以上の266リラ分の年金が500リラに引き上げられることは、所得の分配において社会の不利な階層にいる高齢者が優先されることが常に監査されていることを示しています。

経済において壊疽状態となっており、分野としての意味で障害となっている開発問題も解決に導かれます。開発支援により、開発の問題である建物の確認の実施と建造物記録文書が付与されることで、本来の都市化がより健全な過程に至ると言えます。

国有地に向けた法案によって、村の農家の人々の顔もほころびます。村で国有地を使用する農家の人々は、この法案により、土地を10年間購入することができます。さらに、その後もう10年間延長する機会も与えられます。村の経済活動の持続可能性の観点から、この法案によって非常に良い待遇がもたらされるようになります。

国民も法人も喜ぶこの改革案の施行により、国民の購買力も高まり、市場がさらに活性化します。起業家への貸付においてもたらされるこの機会によって、彼らの今後の取り組みにとっての道が開けます。

投資家がより積極的な活動を行い、迅速な投資を行うことにより、投資が大きく増加します。2018年が経済成長において投資から得られる利益の増加に貢献することは明らかです。

包括的な観点から大きく成功した改革を含むこの法案は、経済の主体である全国民を内包しています。なので、まさにこの点で、国民、産業者、起業家の期待や要望に向けた改革が実現します。

今日、起業家の債務について起こっている不透明性の解決にさらに予測可能なロードマップがもたらされることや、退職者の受給するボーナスによる所得の増加、購買力の増加、村の農家の人々が経済に貢献するという観点から、重要な改革が、実現しようとしています。



注目ニュース