「今日は何の日(1月14日)」

1月14日の「今日は何の日」です。

「今日は何の日(1月14日)」

 

皆がよく知る愛読書「不思議の国のアリス」の作者ルイス・キャロル、または本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンが1898年の今日、肺炎で亡くなりました。同時に倫理分野でも重要な作品を出したルイス・キャロルは、数学や写真の分野でも活動しました。

 

トルコ共和国の樹立者アタチュルクの母、ズベイデ・ハヌムが1923年にイズミル県で亡くなりました。ズベイデ・ハヌムは、イズミル県カルシュヤカ区に1940年に建設された記念墓地で眠っています。

 

1917年に父親が開いてくれた小さな商店でゴムの靴底、砂糖、チーズ、オリーブ、パスタといった商品を販売して商売を始め、1996年に亡くなったトルコの有名な実業家の1人であるヴェフビ・コチが、1987年に国際商業会議所から「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選出されました。

 

2005年に欧州宇宙機関とアメリカ航空宇宙局(NASA)によって共同で製造された宇宙探査機「ホイヘンス」が、土製の衛星であるタイタンの地表に着陸しました。太陽系の中では最も濃い大気を持つ衛星として知られる衛星タイタンは、1665年にオランダの天文学者クリスティアーン・ホイヘンスによって発見されています。

 

1992年1月14日に、トルコとアゼルバイジャン間で国交が樹立されました。1991年11月に独立したアゼルバイジャンを認めた最初の国であるトルコは、その時から国際舞台においてアゼルバイジャンの最大の支援国となりました。


キーワード: 今日は何の日

注目ニュース