Facebookがロシアで禁止になる可能性

ロシア連邦通信・情報技術・マスコミ監督庁のアレクサンドル・ジャロフ長官は、ソーシャルネットワーキングサービスのFacebook(フェイスブック)へのアクセスを遮断する可能性があると語った。

Facebookがロシアで禁止になる可能性

 

ジャロフ長官は首都モスクワで記者たちに発言し、ロシアの法律は例外なくすべての人および機関に適用されると述べた。

以前ロシアで禁止されたLinkedIn(リンクトイン)に言及したジャロフ長官は、

「もし個人データに関する法的義務を履行しないならば、フェイスブックも禁止される可能性がある」と話した。

ロシアで2015年に施行された法律によると、同国の外国企業はロシア国民の個人情報を同国のサーバーに保存する必要がある。

当該の法律に従わなかったことを理由に禁止された最初のサイトは、11月にリンクトインとなった。

フェイスブックのほか、Google(グーグル)やMicrosoft(マイクロソフト)といったサイトも法の枠内で評価されると見られている。

 

(2017年9月26日)



注目ニュース