トルコの医師が新たなメソッド開発、毎年多くの人々の命が助かる

世界が、トルコの医師たちから新たなメソッドを教わっている。

トルコの医師が新たなメソッド開発、毎年多くの人々の命が助かる

毎年、脳出血や脳梗塞にかかった何千人もの病人が、この新たなメソッドで命が助かっている。

動脈瘤は、人々の間で脳の血管に膨らみができる病気として知られている。

それが破裂すると、脳出血に繋がる。

この状態に陥った病人が助かるかどうかは、行われる救急処置次第である。

ジェッラフパシャ医学部神経放射線専門家は、7日間24時間この病気の患者に奉仕している。

さらに、この治療法では血も出ることなく、メスが入れられることもない。

下肢部の血管から血管造影を行うように入り、脳の血管の故障が修繕される。

さらに、この治療は数分で行われる。

年間平均2000人の人々が、このメソッドで命が助かっている。

また、この分野の専門家のトルコ人医師たちは、自らの知識を世界の医師たちにも教えている。

病人が集中治療を受ける必要のないこの治療法は、トルコでも普及が計画されている。

 

(2018年4月30日)



注目ニュース