【イラクからの分離独立の賛否を問う住民投票】 トルコ・イラン・イラクの外相が共同声明を発表

トルコ、イラン、イラクは、イラク・クルド地域政府が9月25日に実施することを予定している住民投票は、テロ組織DEASHに対する戦いに大きな損害を及ぼすことになると表明した。

【イラクからの分離独立の賛否を問う住民投票】 トルコ・イラン・イラクの外相が共同声明を発表

 


 

第72回国連総会のためにニューヨークに滞在中のトルコ、イラン、イラクの外務大臣が、イラク・クルド地域政府が実施することを予定している住民投票について協議するために集まった。

協議後に発表された共同声明で、イラクの一部が未だにテロ組織DEASHの占領下にあることが示された。

「イラクには、まず安全と平穏が確保されることが必要である」と表明された声明で、問題の住民投票は、テロ組織DEASHに対して行われている作戦も、地域に住むクルド人も、非常に困難な状況に陥れるような危険が含まれていると述べられた。

声明では、解決はアルビールとバグダッドとの間に築かれる強い対話により実現することが強く述べられ、トルコとイランはこの方向での前進を支持することが表明された。

 

 

 

(2017年9月21日木曜日)

 

 

 



注目ニュース