イスラエルのエルダン公安相、パレスチナ人受刑者の収監条件を厳格化へ

イスラエルのギラド・エルダン公安大臣は、イスラエルの刑務所に収監されているパレスチナ人受刑者の刑務所条件を厳格化することを明らかにした。

イスラエルのエルダン公安相、パレスチナ人受刑者の収監条件を厳格化へ

 

出席した会議で演説したエルダン大臣は、パレスチナ人受刑者の収監条件の厳格化を調査するため委員会の設立を指示したと語った。

設立される委員会は「法の枠内で」パレスチナ人受刑者に対する刑務所条件をどの程度厳格化できるかという事柄を取り上げると述べたエルダン大臣は、

「攻撃を計画している者はこのことを知るべきである。命と引き換えに、または長期間刑務所で朽ち果てながらこの代償を払うことになる」と話した。

エルダン大臣は5月に行った発言で、ハマースのメンバーであることを主張しているパレスチナ人受刑者には6月14日にロシアで始まる2018FIFAワールドカップの試合を視聴することが許可されないと述べている。

パレスチナ人捕虜協会のデータによると、イスラエルの刑務所には6000人近いパレスチナ人が収監されている。

イスラエルの刑務所に収監されているパレスチナ人受刑者のうち6人は幼い女性54人と子ども350人である。

 

(2018年6月13日)



注目ニュース