カタールとパレスチナが協力協定締結

カタールとパレスチナが、農業、畜産業、水産業などの分野で協力協定を結んだ。

カタールとパレスチナが協力協定締結

 

 

 

カタール国営通信(QNA)の報道によると、協力協定の署名はカタールの首都ドーハで行われ、カタール側は地方自治・環境省のムハンメド・ビン・アブドゥルラー・エル・ルメイヒ大臣、パレスチナ側は農業省のスフヤン・スルタン大臣が署名した。

協定には、両国の間で、食料生産、科学的研究、共同プロジェクトの実施、砂漠化対策、畜産業、水産業、獣医事業、国境を越えた病気への対策などの分野での情報交換などの内容が盛り込まれている。

 

 

 

(2018年9月16日日曜日)

 

 

 



注目ニュース