トランプ米大統領とプーチン露大統領が11月に再び会談か

アメリカのドナルド・トランプ大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領が来月(11月)再び会談すると伝えられた。

トランプ米大統領とプーチン露大統領が11月に再び会談か

 

ロシアの通信社RIAノーボスチは、ロシア外務省からの発表に基づいて、トランプ大統領とプーチン大統領が11月11日にフランスの首都パリで開催される第一次世界大戦終結記念式典に出席した場合、再び会談すると記した。

記事では、ロシアは対話を受け入れる用意があり、アメリカ政府が応じれば時間と場所を共に決定して会談を行うことができると記された。

先日フィンランドで発行されているヘルシンギン・サノマット紙は、プーチン大統領とトランプ大統領がヘルシンキで来年(2019年)に再び会談する可能性があると記している。

報道に関して記者たちに話したロシア大統領府のドミートリー・ペスコフ報道官は、プーチン大統領とトランプ大統領が再び会談することに関してメディアに流れている報道は事実を反映していないと語っている。

両首脳は7月にフィンランドの首都ヘルシンキで会談しており、トランプ大統領は二者会談を「良いスタート」と特徴付けている。

 

(2018年10月12日)



注目ニュース