ラブロフ露外相 「アメリカはシリアで国家プロジェクトと称して危険なゲームを始めている」

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外務大臣が、アメリカがシリアで国家プロジェクトと称して危険なゲームを始めていると述べた。

ラブロフ露外相 「アメリカはシリアで国家プロジェクトと称して危険なゲームを始めている」

ラブロフ大臣は、フランスで放送を行い、ロシアに本部を置くテレビ局のインタビューに応じた。

ラブロフ大臣は、アメリカがシリアにおける同盟者を通じてユーフラテス川東部にいわゆる国家を建設しようとしていると述べ、「アメリカはクルド人を介していわゆる国家を建設するためにその土地を利用しようとしている」と話した。

ラブロフ大臣は発表で、「ユーフラテス川東部の広大な土地で、決して容認され得ない出来事が起こっている」と述べた。

シリアのイドリブ地域における非武装地帯構築の協定は暫定的であると述べたラブロフ大臣は、衝突はシリア国民が同国全土で再び政権を獲得して初めて終了し得ると強調した。

 

(2018年10月13日)



注目ニュース