ブレグジット合意が明日採決、欧州議会がイギリス国民に呼びかけ

欧州議会加盟国が、ブレグジット(イギリスのEU離脱)を諦めるよう、イギリス国民に呼びかけた。

ブレグジット合意が明日採決、欧州議会がイギリス国民に呼びかけ

イギリス議会でブレグジット合意をめぐり投票が実施される前日の今日(1月14日)、欧州議会の129加盟国がイギリス国民に向けた公開書簡を公表した。

「貴国の友人として、イギリスとヨーロッパ双方に弊害を及ぼすブレグジットの災厄に関する進捗を、我々は懸念とともに注視している」と述べられた書簡で、イギリス人有権者がブレグジット決議について反省し始めており、再び国民投票が実施されるよう支援が拡大されていることに注意が促された。

イギリス国民によるEUの離脱決定は遺憾だが、この決定を尊重しなければならないと述べられた書簡で、合意なしの離脱は全当事者にとって大きな災厄を招くことになるとの警告がなされた。

また、書簡では、

「ブレグジットは我々全員を脆弱化させる。我々はあなた方にEUに残ってほしいと願っている。ともにいる方が我々はより強く、またより強いヨーロッパを築くことができる」との見解が述べられた。

イギリス議会では、政府とEUの間のブレグジット合意をめぐり明日(1月15日)投票を実施する。

 

(2019年1月14日)



注目ニュース