サリフ・イラク大統領、トルクメン人に言及

イラクのバルハム・サリフ大統領は、

サリフ・イラク大統領、トルクメン人に言及

 

「トルクメン人の正当な要求が満たされ、イラクの復興で彼らにより多くの機会が与えられることは、全当事者の共同責任である」と述べた。

イラク大統領府から書面で出された声明によると、首都バグダッドでイラク・トルクメン戦線のアルシャド・アル・サーリヒー党首を議長とするトルクメン人代表団の表敬訪問を受けた。

会談では、イラクの政治面および安全保障面で発生している最新情勢が取り上げられた。

トルクメン人のイラクにおける状況に言及したサリフ大統領は、

「トルクメン人の正当な要求が満たされ、イラクの復興で彼らにより多くの機会が与えられることは、全当事者の共同責任である」と述べた。

同国で共に暮らすことの重要性を強調したサリフ大統領は、政治的当事者間における問題が対話と共同理解を元に解決されるべきであると述べた。

トルクメン人の代表団も会談で、イラクの国家統一への支援、同国の政治的・安全保障上・経済上の発展への貢献を指摘した。

代表団は政府のプログラムを支援することも強調した。

 

(2019年1月14日)



注目ニュース