【陸上競技】 ラミル・グリエフ選手、今季最高のタイムで200メートル優勝

陸上競技で14戦から成るIAAFダイヤモンドリーグの今シーズンの第5戦で、200メートルに出場したラミル・グリエフ選手が優勝した。

【陸上競技】 ラミル・グリエフ選手、今季最高のタイムで200メートル優勝

 

ノルウェーの首都オスロで開催された大会でトルコ代表選手のうち、イギリスの首都ロンドンで昨年(2017年)開催された世界陸上競技選手権大会で金メダルを獲得したラミル・グリエフ選手と、欧州選手権優勝、世界第2位、オリンピック第3位に輝いたことがあるヤズマニ・コペロ選手がレースに出場した。

グリエフ選手は200メートルで19秒90の今季最高のタイムを出してレースを首位で完了した。カナダのアーロン・ブラウン選手が19秒98で第2位、トリニダード・トバゴのジェリーム・リチャーズ選手が20秒19で第3位となった。

400メートルハードルに出場したコペロ選手は、48秒54のタイムで第3位でレースを終えた。

レースでは、カタールのアブデルラーマン・サンバ選手が47秒60で優勝、ノルウェーのカールステン・ウォーホーム選手が第2位となった。

コペロ選手は、ダイヤモンドリーグの第4戦ローマ大会でも第3位に輝いている。

 

(2018年6月8日)



注目ニュース