【サッカーW杯2018ロシア】 準決勝クロアチア対イングランドはトルコの主審がジャッジ TRTで生中継

TRTが全試合を生中継している2018サッカーFIFAワールドカップ・ロシア大会の準決勝クロアチア対イングランド戦は、FIFA(国際サッカー連盟)公認審判員のジュネイト・チャクルさんが主審を務める。チャクルさんがワールドカップの準決勝で主審を務めるのあは、審判人生において2度目となる。

【サッカーW杯2018ロシア】 準決勝クロアチア対イングランドはトルコの主審がジャッジ TRTで生中継

 

 

 

トルコのチャクルさんは、トルコ時間7月11日水曜日21時にクロアチア対イングランド戦の試合開始のホイッスルを鳴らす。

チャクルさんは、今回のワールドカップで、モロッコ対イラン戦とナイジェリア対アルゼンチン戦で主審を務めた。

2回連続でワールドカップの審判員を務めるチャクルさんは、ロシア対エジプト戦では第4審判員だった。

チャクルさんは、ブラジルで開催された2014年のワールドカップで準決勝(オランダ対アルゼンチン)など3試合で審判員を務めた。

7月11日のクロアチア対イングランド戦は、ワールドカップでチャクルさんが審判員を務める6試合目。国際大会全部を合わせると、164試合目となる。

 

 

 

(2018年7月11日水曜日)

 

 

 



注目ニュース