【車椅子バスケ】 U22ヨーロッパ選手権でトルコ男子が2大会連続優勝

22歳以下のヨーロッパ各国の代表が参加したヨーロッパU22男子車椅子バスケットボール選手権の決勝で、トルコはドイツを破り優勝した。

【車椅子バスケ】 U22ヨーロッパ選手権でトルコ男子が2大会連続優勝

 

 

イタリアのウーディネで開催されたヨーロッパU22男子車椅子バスケットボール選手権に前大会の優勝国として出場したトルコは、9月15日に行われた決勝でドイツと対戦した。

第1クォーターを22対21で取ったトルコは、第2クォーターで得点差を広げ、控室に40対31という結果を持ち帰った。

トルコは第3クォーターでも優勢を守り、53対49で取った。

最終クォーター(第4クォーター)でも試合の流れをコントロール下に置いたトルコは、ドイツを67対64で破り、2大会連続優勝という快挙を成し遂げた。

 

 

エルドアン大統領が優勝を祝福

 

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、トルコ身体障害者スポーツ連盟のアリフ・ウミト・ウズトゥルク会長を祝福した。

トルコ共和国大統領府報道センターから行われた発表によると、エルドアン大統領は、ヨーロッパU22男子車椅子バスケットボール選手権でトルコ男子代表がヨーロッパチャンピオンになったことを祝福する電報をウズトゥルク会長に送った。

 

 

 

(2018年9月16日日曜日)



注目ニュース