トルコ初 日本が「柔道大使杯」 決戦は土曜日

アンカラに駐在する日本国特命全権大使、宮島昭夫(みやじま あきお)大使の主催による「柔道大使杯」がトルコで初めて開催される。

トルコ初 日本が「柔道大使杯」 決戦は土曜日

 

 

 

在トルコ日本国大使館からの情報によると、トルコで初めて開催される柔道大使杯は、「日本祭り2018 秋」(10月7日~11月18日)の中のひとつのプログラムとして、10月27日土曜日に行われる。

在トルコ日本国大使館、トルコ柔道連盟、柔道教育ソリダリティーの協力により実現することになった柔道大使杯の会場は、アンカラ県イェニマハッレ地区に新しくでき、10月26日金曜日に宮島大使の臨席のもと開設式が行われる柔道連盟スポーツ場で行われる。この柔道大使杯は、柔道連盟スポーツ場で行われる初の公式大会となる。

 

柔道大使杯のスケジュールは、9時から13時までが予選、16時からが決勝となっている。表彰式は17時から行われる。

 

柔道大使杯では、日本から訪れた柔道の専門家光本健次(みつもと けんじ)さんのショーが行われるほか、シリアの難民の子どもたちに柔道の胴着がプレゼントされる予定になっている。

 

柔道大使杯はこれまでに、コスタリカ、アラブ首長国連邦、ブルキナファソなどで開催されているが、トルコでの開催は初めてである。

 

 

 

日本の柔道の専門家たちがトルコ柔道連盟会長を表敬訪問

 

トルコ柔道連盟が公式Facebookページで発表した情報によると、日本の柔道の専門家の光本さん、コーチの原口直也(はらぐち なおや)さんと小橋川元輝(こばしがわ もとき)さんが、トルコ柔道連盟のセゼル・フイスズ会長を表敬訪問した。表敬訪問には、在トルコ日本国大使館の一寸木英多良(ちょっき ひでたろう)さんも同行した。

光本さんはフイスズ会長に記念の贈り物をプレゼントした。フイスズ会長は光本さんにトルコ柔道連盟のロゴが入った皿をプレゼントした。


 

 

日本の柔道の専門家たちによる柔道実践セミナー

 

正式開設より一足お先に、トルコ柔道連盟スポーツ場の道場で10月24日、日本の柔道の専門家の光本さん、コーチの原口さんと小橋川さんによる柔道実践セミナーが開催され、トルコ柔道連盟によると150人近くのトルコの柔道家が参加した。

10月24日と25日の2日間の日程で開催された柔道実践セミナーで、トルコ柔道連盟のフイスズ会長から光本さんに記念の盾が贈られた。

 

 

 

 

2018年10月25日

文責: 浅野涼子 (ryoko.asano@trt.net.tr)

※ 時間はすべてトルコ時間です。

 

 

 

 

 

 

 


キーワード: 宮島昭夫 , 柔道大使杯

注目ニュース