トルコバスケ連盟のトゥルコール会長が「トルコに殺される」発言をした「フェト」NBAの選手に反論

トルコを代表する元NBA(米プロバスケットボール協会)のバスケットボール選手で、トルコ・バスケットボール連盟のヒダーエット・トゥルコール会長が、身の危険があることを理由にイギリスに行かないと発言した、テロ組織フェト(フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造)の一員でNBAのバスケットボール選手、エネス・カンテルに強く反論した。

トルコバスケ連盟のトゥルコール会長が「トルコに殺される」発言をした「フェト」NBAの選手に反論

 

 

 

ヒダーエット・トゥルコール会長は、自身のツイッター(Twitter)のアカウントから、トルコ語、英語、ドイツ語で行った投稿で、エネス・カンテルが「身の危険がある」ことを理由にイギリスに行かないと発言したことは事実を反映していないと表明し、「テロ組織フェトの首謀者への忠誠を誓ったエネス・カンテルの、トルコ共和国を標的にした妄想や、『トルコに殺されるのが怖いからロンドンの試合に出ない』という事実とは異なる発言を遺憾と共に受け止めた。我々は、エネス・カンテルはビザの問題で2017年から多くの国に渡航できないことを知っている」と述べた。

 

 

 

(2019年1月8日火曜日)

 

 

 



注目ニュース