チャウショール外相、アンタルヤ国際映画祭に出席するアメリカ人スターのためにアメリカ当局と会談

アンタルヤ県で今年54回目が開催される「アンタルヤ国際映画祭」に出席するアメリカのスターたちが両国間のビザ問題の影響を受けないよう、メヴリュト・チャウショール外務大臣がアメリカ当局と会談した。

チャウショール外相、アンタルヤ国際映画祭に出席するアメリカ人スターのためにアメリカ当局と会談

 

外務省筋から得られた情報によると、第54回アンタルヤ国際映画祭の開会式に出席するアメリカの映画・劇場俳優のクリストファー・ウォーケン、女優のジュリエット・ルイス、閉幕祭に出席する俳優のマット・ディロンやリンジー・ローハンなどがビザ問題に巻き込まれないよう、チャウショール外務大臣がアメリカ当局と会談した。

チャウショール外務大臣の会談を受けて、芸能人たちのトルコ入国に関して便宜が図られるとし、何らかの不都合が生じないよう対策が講じられたと伝えられた。

映画祭の開幕式に出席するためアメリカの有名俳優でアカデミー賞、全米映画俳優組合賞(SAG)、英国アカデミー賞(BAFTA)を授賞し、「ゴールデングローブ」賞、「トニー」賞、「エミー」賞にノミネートされたアメリカの映画・劇場俳優のクリストファー・ウォーケンとアメリカ人女優のジュリエット・ルイスが、また、閉幕式に出席するためにはアメリカ人俳優のマット・ディロンとアメリカの女優、モデル、ポップス歌手、作詞家のリンジー・ローハンがアンタルヤ県にやって来ることが発表されている。

 

(2017年10月21日)



注目ニュース