不法移民30人以上捕まる パキスタン、イランなど

テキルダー県とクルクラーレリ県で不法移民が多数捕まった。

不法移民30人以上捕まる パキスタン、イランなど

 

 

 

テキルダー県スレイマンパシャ区では、違法ルートで国外に出ようとしたパキスタン国民27人が捕まった。

ユカル・クルチュル地区の近くに大きな集団がいるとの通報を受けたクルクラーレリ県軍警察の職員が、道端に不法移民がいるのを発見した。

トルコ国内に不法移民として入国し、違法ルートで国外に出ようとしていたことが特定されたパキスタン国民27人が捕まり、テキルダー県軍警察署に連行された。

健康診断を受けた不法移民は、その後、テキルダー県移民管理局に身柄が送られた。

 

クルクラーレリ県でも、違法ルートで国外に出ようとした不法移民17人が捕まった。

クルクラーレリ県軍警察の職員が、コフチャズ区で違法ルートでヨーロッパに行く準備をしていた集団を発見した。

実行された作戦で、イランとシリアの国民17人が捕まった。

捕まった不法移民は、軍警察で手続きをした後、クルクラーレリ県移民管理局に身柄を送られた。

 

 

 

(2018年2月14日水曜日)

 

 

 



注目ニュース