アククユ原子力発電所、今日建設開始へ

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、今日建設開始となるアククユ原子力発電所に関する投稿をした。

アククユ原子力発電所、今日建設開始へ

 

 

 

エルドアン大統領は、「今日、価値ある友人のウラジーミル・プーチン大統領と共に、トルコおよびトルコとロシアとの関係の未来のための重要な歩みとなる、200億ドル(日本の通貨で約2兆円)という巨大投資をしたアククユ(原子力発電所)の建設を開始する」と述べた。

エルドアン大統領は、メルシン県に建設されるアククユ原子力発電所の建設を今日開始するという素晴らしい知らせをした。

 

アククユ原子力発電所の建設は、今日(4月3日)、エルドアン大統領とプーチン大統領が開始させる。

トルコ原子力委員会により昨日(4月2日)、アククユ原子力発電所の第1ユニットの建設の認可が下りた。

トルコ国内にエネルギーの多様性をもたらし、エネルギー供給の安全保障にも貢献することになるアククユ原子力発電所は、操業が開始された後、トルコの電気の需要の約1割をまかなうことになる。

アククユ原子力発電所は、最も多いときで、約1万人が建設に携わる。

60年間の運転期間では、3500人の職員が働く。

現在、世界の31か国450か所の原子力発電所が操業している。

また、55か所が建設中である。今日(4月3日)アククユ原子力発電所の建設が開始されることにより、その数は56か所となる。

 

エネルギー天然資源省も、トルコにおける原子力発電の重要性について説明したビデオを公開した。ビデオには、ノーベル化学賞を受賞したアジズ・サンジャル教授とユネスコ(UNESCO:国際連合教育科学文化機関)から表彰されたトルコの科学者M.ビリゲ・デミルキョズ教授が出演している。

 

 

 

(2018年4月3日火曜日)

 

 

 



注目ニュース