アンタルヤとシヴァスで不法移民が捕まる

アンタルヤ県カシュ区で、沈没したゴムボートに乗っていた子ども20人を含む不法移民50人が救助された。

アンタルヤとシヴァスで不法移民が捕まる

 

得られた情報によると、5月15日未明にカシュ軍警察司令部の職員がカルカン道上のセイレト・チャクル地点に不法滞在者がいるとの通報を受けた。

一帯へ向かった軍警察は、出航しようとしていた不法滞在者の乗ったボートが沈没し始めたのを確認した。

分隊が子ども20人、女性14人を含むシリア人とイラク人の不法移民合計50人を救助したあと、ゴムボートは沈没した。

救助された不法移民たちは健康診断を受け、妊婦1人は病院に搬送された。

また、シヴァス県では、不法ルートで入国した外国人14人が捕まった。

県警察総局の分隊は、シヴァス・エルジンジャン国道にある検問地点で停止させた乗客バスに不法ルートで入国したとされるアフガニスタン国籍の不法入国者14人を確認した。

警察総局に連れて行かれた外国人たちは、手続きを経てシヴァス入国管理総局に引き渡された。

移民売買を行ったとされる2人についても手続きが開始された。

 

(2018年5月16日)



注目ニュース