【ベネズエラ選挙】 トルコが声明を発表 「非常に喜んでいる」

トルコは、ベネズエラで実施された大統領選挙と州および地方自治体の議会議員選挙が平穏かつ平和な環境の中で結果が出されたことを非常に喜んでいると表明した。

【ベネズエラ選挙】 トルコが声明を発表 「非常に喜んでいる」

 

 

トルコ共和国外務省は、ベネズエラで5月20日に実施された選挙について、声明文書を発表した。

声明文書で、「選挙の結果が、ベネズエラの平和と安定をさらに確かなものにし、ベネズエラ国民のさらなる繁栄につながるものとなることを願っている。トルコはこの新たな時代に、ベネズエラとの関係をあらゆる分野で発展させるために努力し、友好国ベネズエラの国民および政府への支持・支援を続けていく」と表明された。

 

 

■■■  ベネズエラ大統領選挙(2018年5月20日) ■■■

 

2018年5月20日に実施された大統領選挙について、ベネズエラ国家選挙管理委員会のティビサイ・ルセナ委員長は、投票率は46パーセントで、830万票以上の票が集計されたと述べた。

ルセナ委員長は、580万票以上の票を獲得した現職のニコラス・マドゥーロ大統領が、約68パーセントの得票率で再び大統領に選ばれたと発表した。

 

 

 

(2018年5月22日火曜日)

 

 

 



注目ニュース