エルドアン大統領 「休むことなく取り組む」

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、まさに98年前と同様に今日も国民の意思に勝る人間の力を認識したことは全くないと発言した。

seref madalyası.jpg

 

エルドアン大統領は、旧トルコ大国民議会(TBMM)で第1回大統領制内閣会議開会式で演説し、

「未来を安心して見られるようなトルコを確立するまで、我々は皆休むことなく取り組んでいく」と述べた。

またエルドアン大統領は、ソーシャルメディアのツイッター(Twitter)上で、旧トルコ大国民議会で開催された第1回大統領制内閣会議開会式での演説の際に撮影された写真を「権限は国民にある」とするコメントと共にシェアした。

さらにエルドアン大統領は、大統領府総合施設でトルコ大国民議会議長およびトルコ共和国第27代首相のビナリ・ユルドゥルム氏に国家勲章メダルを授与する式典にも出席した。

エルドアン大統領は式典で演説し、トルコ共和国第65代政府の首相であったユルドゥルム氏に国家勲章メダルを授与するために一堂に会したと明かし、

「このメダルは、国家の存続、我が国と我が国民の不可分の一体性、社会の平穏、団結、連帯のために優れた成果を挙げた人々に授与される。古参の同僚ビナリ・ユルドゥルム氏に、我が国への奉仕に対して感謝する。今日まで実行してくれた成果ある取り組みにより、自身を祝福したい」と述べた。

 

(2018年7月13日)



注目ニュース