【ドイツ】 トルコ教育協会の建物に攻撃

ドイツの首都ベルリンで、身元不詳の者らがトルコ教育協会の建物に放火した。

almanya turk egitim dernegi1.jpg

 

ベルリンでトルコ人が多く暮らすノイケルン区で、身元不詳の人物または者らがトルコ人向けの協会に9月20日朝、投石して攻撃し、建物に放火した。

火事は周囲の人たちによって消火されたが、窓が壊れた協会の前にある歩道にも「アフリンのために蜂起せよ」と書かれていた。

攻撃者または攻撃者らは、協会がある歩道に分離主義テロ組織PKKのスローガンを書いて逃亡した。

ベルリン・トルコ教育協会のリュシュテュ・カム会長は、警察が事件に関して9月20日早朝に自身に電話をかけてきて、協会が投石され、放火されたが火事は隣人たちによって消火されたと語ったと明かした。

警察は、攻撃後に目撃者の供述を聴取した。

協会の中にある監視カメラの映像を見た。

警察は事件に関する捜査を開始した。

 

(2018年9月20日)



注目ニュース