アルバイラク財務相、第27回公正発展党(AKP)協議・検討会議で経済に関する発表

ベラト・アルバイラク財務大臣が、経済における調整過程が始まったと述べた。

アルバイラク財務相、第27回公正発展党(AKP)協議・検討会議で経済に関する発表

トルコの首都アンカラのクズルジャハマムで開かれた第27回公正発展党(AKP)協議・検討会議が、アルバイラク大臣の経済に関する発表により続いた。

アルバイラク大臣の発表の後に、総合協議・検討会議が行われた。

得られた情報によると、アルバイラク大臣は発表でトルコの経済指標の力に言及し、一般債務比率に関する情報について伝えた。

トルコの公的債務の国民総生産に対する割合は28パーセントであると述べたアルバイラク大臣は、途上国ではその割合は49パーセントとなっていると話した。

アルバイラク大臣は、公的債務率の状況は非常に良好であると強調した。

トルコの家計債務の所得率に対する割合は16パーセントであると明らかにしたアルバイラク大臣は、途上国の平均は36パーセント、世界平均は60パーセントであると述べた。

アルバイラク大臣は、トルコの状況はその点でも世界の割合と途上国の割合のどちらよりも非常に良好であると指摘した。

合計債務率の平均について伝えたアルバイラク大臣は、トルコは世界全体と途上国のどちらよりも良いレベルにあると述べた。

経常赤字の減少についても言及したアルバイラク大臣は、全省庁と連携しつつ、輸出を増やし、経常赤字を減らし、技術生産を行うために投資の方向付けを行い、そのことを優先事項とすると話した。

アルバイラク大臣は、インフレとの力強い取り組み計画が明らかにされる予定であるとも述べた。

 

(2018年10月7日)



注目ニュース