イスタンブール家具見本市に国内外から高い関心

イスタンブール家具見本市に初日、トルコ人1万人と外国人2000人から成るバイヤー合計1万2000人が訪れた。

イスタンブール家具見本市に国内外から高い関心

 

同見本市にオンラインで登録したバイヤーの数が昨年(2017年)の4倍増加して1万5000人に達したことは、外国人バイヤーの関心を示している。

初日の数字を見ると、外国人バイヤーの数は昨年と比べて80パーセント増加した。

バイヤーの中にはアメリカ、イタリア、フランス、イスラエル、ロシア、カナダ、ルーマニア、エチオピアといった国がある。

85か国から9万人近いバイヤーが足を運ぶと見込まれている。

一方、ファーニチャー・イスタンブール2018デザインコンテストでは、7部門で22企業の67プロジェクトが審査された。

コンテストには見本市に出展した企業が見本市で展示した作品のみと共に参加することができる。

コンテストでは、ブランド「プレクサス・アンド・インターシステム」が審査員特別賞を受賞した。

トルコ最大の家具ブランドを集めたイスタンブール家具見本市「ファーニチャー・イスタンブール」は、11月11日まで開催される。

 

(2018年11月8日)



注目ニュース