ロシアの国防大臣がトルコを訪問

トルコ共和国国防省のフルシ・アカル大臣が、地域の平和と安定のためにロシアとコンタクトを取り続けると表明した。

ロシアの国防大臣がトルコを訪問

 


 

アカル大臣の招待を受けたロシア連邦国防省のセルゲイ・ショイグ大臣が2月11日、トルコを訪れた。

 

アカル大臣とショイグ大臣は、トルコ共和国国防省での公式歓迎式典の後、代表団間会合で議長を務めた。

 

会合が始まる際に挨拶を行ったアカル大臣は、「地域での平和と安定の獲得と維持、地域での停戦の実現、そして我が国の権利と利益の保護および安全の確保のために、ロシアとあらゆるレベルでさまざまな交渉を行っている」と話した。

ロシアのモスクワで行われた代表団間会合の続きとして、ロシアから代表団が来たと述べたアカル大臣は、「今日行う会合も、2月14日にロシアのソチで行われる大臣どうしで行う活動の前作業となる。我々が行っている取り組みは非常に価値あるものであると信じている。地域の平和と安定に大きな貢献を行うことになると考えている。その向こうには世界の平和にも本当に貢献することになると信じている」と述べた。

 

ロシアのショイグ大臣も挨拶を行い、「ソチで国家の大臣たちが集まり話し合うための前作業がここで完了すると信じている」と述べた。

 

 

挨拶の後、会合がマスコミ非公開で行われた。会合には、トルコ国家情報機構のハーカン・フィダン長官も出席した。

 

 

 

(2019年2月11日月曜日)

 

 

 



注目ニュース