ボスニア・ヘルツェゴビナの英雄アリヤ・イゼトベゴヴィッチの生涯がTRTでドラマ化へ

トルコ・テレビ・ラジオ局(TRT)の待望のドラマ「アリヤ」が、まだ製作段階にもかかわらずバルカン半島で評判となった。

ボスニア・ヘルツェゴビナの英雄アリヤ・イゼトベゴヴィッチの生涯がTRTでドラマ化へ

 

知識王アリヤ・イゼトベゴヴィッチの生涯が、年末にTRTで放送される予定である。

大きなドラマ製作チームが昼夜問わず作業に当たっている。

先週、ボスニア・ヘルツェゴビナのバキル・イゼトベゴヴィッチ大統領評議会議長とTRTのイブラヒム・エレン会長も出席して行われた記者会見で、ドラマがメディアに紹介された。

ドラマ「アリヤ」はまだ撮影段階ながらも、バルカン半島で話題となった。

しかし、ボスニア・セルビア人は、知識王アリヤ・イゼトベゴヴィッチの生涯がドラマ化されることを快く思わなかった。

ボスニア・セルビア人のリーダー、スルプスカ共和国のミロラド・ドディク大統領は、大虐殺の犯罪者であるラドヴァン・カラジッチ元大統領の生涯を映画化すると発表した。

ドディク大統領のこの発言にボシュニャク人は反発した。

一方、ドラマ「アリヤ」の脚本家アフメト・テズジャン氏は、セルビア人がカラジッチ元大統領の生涯を映画化したいと思うのは普通のことであると語った。 ->

 

(2017年8月15日)



注目ニュース