【Video】 シリア・アフリン地域から届いたテロリストの映像

シリア北西部の「テロの温床」アフリン地域からあらゆるテロリストを一掃するために、トルコ軍により2018年1月20日17時に開始された「オリーブの枝作戦」実行中、トルコ軍が狙われ、民間人死亡の原因となったテロ攻撃の様子を無人航空機バイラクタルがとらえた。

ハタイ県の向かい側にあるジンデレスで撮影された映像には、テロリストらが砲弾を搭載した車両をトルコの領土を狙うように設置した後、砲撃の準備をする。

住宅地の中で普通の恰好したテロリストらはトルコに向かって砲撃すると、その場から急いで遠ざかる。

無人航空機バイラクタルにより一瞬一瞬を追跡されたテロリストは、しばらくして、テロ組織PKK、KCK、PYD、YPGのいわゆる指令本部に到着する。

そこには他のテロリストもいることが、映像からわかる。

映像でもうひとつ注目すべきことは、テロリストらが無人航空機に映像を撮られないようにタイヤを燃やしていることである。

無人航空機バイラクタルにより追跡され、映像に収められた、テロリストが攻撃後に逃げ込んだいわゆる指令本部は、トルコ軍が行った砲撃が完全命中し、宙に吹き飛んだ。

(2018年2月13日火曜日)


キーワード: