2018年第90回アカデミー賞外国語映画賞部門候補作「アイラ」、3週間で200万人が鑑賞

2018年第90回アカデミー賞の外国語映画賞部門の候補作として出されることが決まったトルコの映画「アイラ」が、3週間で約200万人によって鑑賞された。

2018年第90回アカデミー賞外国語映画賞部門候補作「アイラ」、3週間で200万人が鑑賞
【Video】 2018年第90回アカデミー賞にトルコからはこの作品が!
【Video】 2018年第90回アカデミー賞にトルコからはこの作品が!

2018年第90回アカデミー賞の外国語映画賞部門に出すトルコの作品が決まった。

(2017年8月25日)

 

 

 

「アイラ」の制作会社デジタル・サナトラルから行われた発表で、勇敢なトルコの下士官スレイマン・ディルビルリーと小さな女の子アイラの愛と思慕の念にあふれた65年間の物語は、トルコ国民の足を映画館に運ばせたことを明らかにし、「アイラ」のスタッフが国中をまわり、映画ファンと一緒に映画を鑑賞し、質問に答えたと述べた。

発表で、「この特別なイベントは、先週ジレで始めた。その後、アンカラとイズミルでも行った。11月末まで続く全国ツアーで、スタッフはネヴシェヒール、アダナ、アンタルヤ、アンタクヤ、イスケンデルン、ガジアンテプ、エスキシェヒール、コンヤを回った後、スレイマン・ディルビルリー下士官の故郷カフラマンマラシュに向かう」と述べられた。

 

 

 

(2017年11月14日火曜日)

 

 

 



注目ニュース