明日は「トルコ語能力試験」の日

外国人を対象にしたトルコ語能力試験(TYS)が、明日(1月13日)、31か国、41の会場で一斉に実施される。

明日は「トルコ語能力試験」の日

 

 

日本の会場は、東京ジャーミイ・トルコ文化センターである。

 

世界中にトルコの文化や言語の紹介と普及に努めるトルコの公的機関で、トルコ語能力試験を主催する、ユヌス・エムレ インスティトゥートからの発表によると、試験の科目は読解、聴解、作文、会話の4つである。1時間目に読解と聴解、2時間目に作文、3時間目に会話の試験が行われる。

トルコ語能力を証明するために試験に臨み、合格した受験者には「トルコ語能力証明書」が送られる。「トルコ語能力証明書」には、試験の点に応じて、B2、C1、C2のレベルが明記される。

トルコ語能力試験の結果により「トルコ語能力証明書」を取得した人たちは、トルコの大学で教育を受ける権利を獲得したときに、トルコ語準備クラスの受講が免除される。そのほか、トルコ企業で働いたり、トルコ語の通訳をしたりなど、トルコに関連する仕事をする際に有利になる。

試験結果は、1月26日金曜日に発表される。

 

2018年の第2回の試験は5月5日に実施される。

受験を希望する人は、3月19日までに申し込む必要がある。

 

詳しい情報は、tys.yee.org.trより入手可能である。

 

 

 

(2018年1月12日金曜日)

 

 

 



注目ニュース