ラマザン・バイラムを前にショッピングのためイラン人観光客がヴァンに殺到

ラマザン・バイラム(断食月明けの祝日)を前にショッピングのためヴァン県を選んだイラン人たちは、バザールやホテルを埋め尽くした。

ラマザン・バイラムを前にショッピングのためイラン人観光客がヴァンに殺到

 

イランで出国税が天文学的な割合で値上げされたため出国が難しくなった観光客たちが再びヴァン県を訪れ始めたことは、同県のあらゆる層を喜ばせた。

ショッピングセンターや店舗をはじめ、大通りや路地を混雑させているイラン人観光客たちが行ったショッピングにより、都市の商店主たちは早いバイラムを祝うことになった。

カプキョイ国境ゲートからの入国は、先週1日で2737人の入国者があり、近年最も高い数字に達した。

 

(2018年6月13日)



注目ニュース