ピスタチオの国にピスタチオ博物館

ガジアンテプ大都市自治体は、ピスタチオがどのように育つかを紹介し、外部がピスタチオの形をしたピスタチオ博物館を開設する。

fıstık.jpg

 

ピスタチオ公園にピスタチオの形で建設されたピスタチオ博物館で訪問者は、ピスタチオの種から苗、受精から収穫、割れまでの過程を特別に作られた蝋人形と共に見学することになる。

ガジアンテプ大都市自治体のファトマ・シャヒン市長は博物館で記者たちに発言し、ガジアンテプの比類なき食卓に豊かさをもたらすピスタチオの物語をピスタチオ博物館と共に伝えると語った。

シャヒン市長は、就任した際に子どもたちが故郷でピスタチオを見ることなく育っていることを知り、これを受けて食料農業畜産省と署名した議定書によって広さ14万6865平方メートルのピスタチオ調査研究所の土地に広さ5万平方メートルのピスタチオ公園を建設したと明かした。

 

(2018年7月11日)



注目ニュース